ドローンによる住宅調査・オール電化等のECO住宅・住宅修繕・リフォームのことなら

住宅補修・修繕塗装

HOME | 事業内容 | 住宅補修・修繕塗装

住宅修繕・塗装

住宅メンテナンス診断士が対応致します

長く安心して住める住宅へ

戸建て住宅の修繕は8年~13年目が周期と言われ、経年劣化の症状が出る少し前にきっちりと住宅をケアする事で、住宅に影響する範囲を少なく修繕費用を抑えて長く住める家として保つ事ができます。住宅メンテナンス診断士資格を所有する当社では屋根の葺き替えから外壁・内装、住設機器の交換までを対応しております。また、保険や住宅ローンを活用した費用軽減もアドバイスさせて頂いております。

出費の少ない修繕を推奨

かけなくていい出費は最小限に

 

修繕資金を捻出するお手伝い

直近では、住宅の経年劣化だけに留まらず、平成30年の大阪北部地震や台風21号など自然災害などによる住宅損傷も起きています。ある日突然降りかかる「補修」という思わぬ出費に不安になる方も多くいらっしゃいます。当社では、住宅ローンの組みなおしや火災保険の活用、その他支出削減のEco住設備の導入などにより修繕の支出費用を抑えるご提案を修繕作業と同時にご提案しお客様にゆとりある対応をとって頂けるように尽力しています。

 
屋根瓦補修

徹底した工事のこだわり

些細な箇所でも妥協はしません
屋根張替 img20210404180818294409.jpg img20210404175636389055.png img20210213173604608445.png img20210404180010858014.png img20210213173301073076.jpg img20210404175646191984.jpg 20161220_092628000_ios.jpg

特別な想いがある住宅だからこそ

お客様の居住住宅を修繕・補修させて頂く仕事だからこそ見た目は勿論のこと経年劣化を考えた処置や対処を徹底的に探究しています。建物外部の対応は、内部への影響を絶対におこしてはいけない重要な作業でもあります。大切な住宅をお預かりする仕事に責任と信念を持って取り組みます。

雨漏れ調査もお任せください。

サーモグラフィを活用した調査実施

雨漏れ目視は危険なサイン

屋根や壁に雨漏れや雨滲みが目視出来ている状態は、大変危険な兆候です。
木造住宅の場合は、ある程度建材が水を吸収するので、症状が目視出来ているという事は建材が傷みきってしまっていることが多くあります。当社ではサーモグラフィーカメラを使用して状況の確認を行っています。

 
雨漏れ調査 img20210404181710265287.jpg

修繕はまず状態を知ること

修繕かメンテナンスかで費用は変わる

見えない部分こそ適切期に

住宅の屋根は外壁などに比べて普段自分で細かに確認することが容易ではありません。だからこそ修繕期のタイミングや修繕費用をできるだけ少なくする為のメンテナンス保守など劣化が軽度のタイミングで実施したいものです。ただ、「専門的な知識がない」そんなお客様のお声を受けて状態によりどのような機能差があるかを比較検証した動画を作成しました。

News

2021.4.4

今年もやります「雨季前サーモグラフィ撮影点検キャンペーン」!!。毎年この時期になると雨漏れのご相談をたくさん頂きます。今年は室内の点検に加え、屋根のサーモグラフィ撮影も実施致します。初回点検の方は無償となっておりますので、是非ご活用ください。

2020.3.31

おかげ様で、2019年度(2019.4.1~2020.3.31)の修繕工事のご依頼件数は、120件を突破しました。お客様間でのご紹介の輪が広がり成し遂げれたことと存じます。ありがとうございます。皆様のご期待に応えられるようこれからも邁進してまいります。